B型肝炎とは

肺何らかの原因で肝臓に炎症が起こり症状を来たす疾患の総称を肝炎といいます。日本国内ではウイルス性による肝炎が多くを占めており、肝炎ウイルスにはA、B、C、E型などがあります。中でも一過性感染と持続感染に2つに大別されているのがB型肝炎です。一過性感染は急性肝炎を発症する顕微感染、持続感染は自覚症状のないまま治癒する不顕性感染となっています。どちらも一度感染すると基本的にウイルスは身体から排除され、免疫を獲得することができるので再びB型肝炎に感染することはなくなります。

B型肝炎は一過性感染の場合、急性肝炎となり幹細胞に炎症が起きます。一時的に症状が悪化しますが、数ヶ月で治癒することがほとんどで、倦怠感や食欲不振、吐き気などの症状が現れ、皮膚や眼球の白い部分が黄色になる黄疸が現れることもありますが、その後黄疸も自然と消え、肝機能も正常に戻ります。ただし、急性肝炎を発症する人の中には劇症肝炎を発症する可能性がある人もおり、劇症肝炎を発症すると幹細胞が破壊され、高度の肝不全や意識障害に陥ってしまいます。

現在はB型肝炎ウイルスに対するワクチンがあり、ワクチンを接種することで予防が可能となっています。またウイルスに感染してもできるだけ早く医療機関で適切な治療を受けることで深刻な症状に進行するのを防ぐことができます。ではB型肝炎はどのようにして感染をするのでしょうか、またB型肝炎に感染すると給付金の請求はできるのでしょうか。ここではB型肝炎の給付金請求について詳しく紹介させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket